ホーム » 紫外線対策と美容について » 元々色白でインドア派のため、太陽を浴びると肌が赤くなり日焼けをしてしまいます。

元々色白でインドア派のため、太陽を浴びると肌が赤くなり日焼けをしてしまいます。

日焼けして赤くなった箇所がヒリヒリするため出来る限り日焼けは避けたいと思っています。趣味の一つで城巡りが好きなためどうしても外出機会が増えますが、夏でも長袖・長ズボンでできるかぎり腕や足の日焼けを避け、顔には日焼け止めを塗るようにしています。そして日差しの強い時間帯に外出することは出来る限り避けています。 城巡りをする際は、早朝に出かけるようにしています。早朝ですとまだ日差しも強くないので、思いっきり城巡りができます。それに観光客も少ないため写真も非常に撮りやすいです。ただ日差しが強い時間まで巡っていることも多いため、汗をかきやすい体質でもありますので、カバンの中には常に顔用に日焼け止めをしのばせています。 飲む日焼け止めがあることは今回のアンケートまで知りませんでした。日焼け止めは塗るものという固定観念があったので、飲む日焼け止めがあるのは意外でしたが、効果があるのか、副作用はないのか少々不安はあります。今はまだ試してみたいとは思いません、個人的には塗る日焼止めと肌を長袖などで守る対策で十分かなと思っています。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です